2008年10月22日

まるでピカソ?

ck6[1].jpg
先週、ピアニストのシプリアン・カツァリスさんとの演奏会がありました。

最初のリハーサル、初めて聴く彼のナマのピアノの音、
音が出た瞬間『あれ、ピアノ?』と思うほど、(いや、ピアノなんですが笑)
なんというか楽器を越えた、まるでおもちゃ箱や宝石箱から
飛び出した そんな音たちに感じられました。
思わず隣にいたビオリストのIさんと目を合わせ、興奮したのです♪
次から次へと色んな音、色んな色、まるでいろいろな場所に連れて行ってくれるような
そんな彼の音楽が、とても楽しく、チャーミングで、美しかったです。
Iさんがお薦めしていた彼のCD『ショパンのワルツ集』   
う〜ん、いいです♪


posted by Heart Note Music School at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年10月12日

教室が!

昨日 椅子やら机やらがいつもと違う配置になり
ライトも蛍光灯から間接照明に切りかわり
第1回 無料コンサート45’が行われました。

企画を考えた1ヶ月前、当初はピアノ弾きの東さんと私で
ピアノとヴィオラのデュオをやってみよう と話していました。
ですが本番が近づいてくる中、ハートノートの講師であるチェロの穴田さん
ヴァイオリンの横山さんが『ききにいくね』と声をかけてくれ
『それじゃぜひ一緒に!』ということで、なんと最終的には 
ピアノ、ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロでのコンサートとなりました!
ミニコンサートではありましたが、いろんな編成で
色々な曲にチャレンジすることができました♪

あの時間を通して思いました。
聴いてくれる人がいるから コンサートができる―
聴きにきてくださったみなさま 本当にありがとうございます。
小さなスペースでの演奏、 きいてくださった一人ひとりの
みなさんの呼吸を感じるようで、 それがとても温かく
感謝の気持ちでいっぱいでした。

また、その後のレセプションで お話もでき、楽しかったです。
ありがとうございました。
posted by Heart Note Music School at 22:05| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記