2008年10月22日

まるでピカソ?

ck6[1].jpg
先週、ピアニストのシプリアン・カツァリスさんとの演奏会がありました。

最初のリハーサル、初めて聴く彼のナマのピアノの音、
音が出た瞬間『あれ、ピアノ?』と思うほど、(いや、ピアノなんですが笑)
なんというか楽器を越えた、まるでおもちゃ箱や宝石箱から
飛び出した そんな音たちに感じられました。
思わず隣にいたビオリストのIさんと目を合わせ、興奮したのです♪
次から次へと色んな音、色んな色、まるでいろいろな場所に連れて行ってくれるような
そんな彼の音楽が、とても楽しく、チャーミングで、美しかったです。
Iさんがお薦めしていた彼のCD『ショパンのワルツ集』   
う〜ん、いいです♪


posted by Heart Note Music School at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/21676187

この記事へのトラックバック